読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ勉強中ー

日韓通訳・翻訳の勉強ブログ

0219 メッセージと表現まとめ(ヘブル3:1-6)

メッセージ

예수를 깊이 생각하라 

イエス・キリストを深く考えよう

サミル教会(韓国 ソウル 大韓イエス長老教会(合同))

ソン・テグン牧師

みことば

 (韓国語)

1 그러므로 함께 하늘의 부르심을 받은 거룩한 형제들아 우리가 믿는 도리의 사도이시며 대제사장이신 예수를 깊이 생각하라
2 그는 자기를 세우신 이에게 신실하시기를 모세가 하나님의 온 집에서 한 것과 같이 하셨으니
3 그는 모세보다 더욱 영광을 받을 만한 것이 마치 집 지은 자가 그 집보다 더욱 존귀함 같으니라
4 집마다 지은 이가 있으니 만물을 지으신 이는 하나님이시라
5 또한 모세는 장래에 말할 것을 증언하기 위하여 하나님의 온 집에서 종으로서 신실하였고
6 그리스도는 하나님의 집을 맡은 아들로서 그와 같이 하셨으니 우리가 소망의 확신과 자랑을 끝까지 굳게 잡고 있으면 우리는 그의 집이라

続きを読む

本文チェック へブル人への手紙 第3章

第3章
3:1 そういうわけですから、天の召しにあずかっている聖なる兄弟たち。私たちの告白する信仰の使徒であり、大祭司であるイエスのことを考えなさい。

3:2 モーセが神の家全体のために忠実であったのと同様に、イエスはご自分を立てた方に対して忠実なのです。

3:3 家よりも、家を建てる者が大きな栄誉を持つのと同様に、イエスはモーセよりも大きな栄光を受けるのにふさわしいとされました。

3:4 家はそれぞれ、だれかが建てるのですが、すべてのものを造られた方は、神です。

続きを読む

へブル人への手紙 2:12-18

2:12「わたしは御名を、わたしの兄弟たちに告げよう
教会の中で、わたしはあなたを賛美しよう。」
2:13またさらに、
「わたしは彼に信頼する。」
またさらに、
「見よ、わたしと、神がわたしに賜わった子たちは。」
と言われます。

2:14そこで、子たちはみな血と肉とを持っているので、主もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、

2:15一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放してくださるためでした。

2:16主は御使いたちを助けるのではなく、確かに、アブラハムの子孫を助けてくださるのです。

2:17そういうわけで、神のことについて、あわれみ深い、忠実な大祭司となるため、主はすべての点で兄弟たちと同じようにならなければなりませんでした。それは民の罪のために、なだめがなされるためなのです。

2:18主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。

 

続きを読む

語彙・表現 天下りあっせん(引き続き追加します)

日本語の記事から

  • 文科省天下り好待遇の実態
    일본판 "관피아"의 실태
  • 天下り」あっせん問題は、とどまるところを知らない
    끝없는 "낙하산" 알선 문제 / 그칠줄 모르는 "낙하산 알선" 사태
  • “顧問”という肩書で天下ったときの破格の待遇
    고문직으로 재취업 했을 시의 파격적인 대우
  • ごく一部以外は、「ノリ弁」状態
    극히 일부를 제외하고는 온통 "먹칠"
    ノリ弁:公開された書類に黒塗りが多く、黒塗り部分がノリのようだという意味

    「のり弁状態」とかどういう意味ですか?使用例→甘利・フロマンの合意内容は「の... - Yahoo!知恵袋

  • 引き延ばして国民の関心が薄れるのを待つ
    국민의 관심에서 멀어지기를 기다리다
  • ~といった言葉で釈明できる事態ではない
     ~라는 말로 무마 할 수 있는 사태가 아니다 / 넘어갈 수 있는~
続きを読む

[翻訳]일본 문부성 낙하산 인사, 어처구니 없는 불법 행위


 

<翻訳文>

일본 문부과학성 낙하산 인사, 어처구니 없는 불법 행위

일본 문부과학성에서 퇴직자 재취직 알선행위가 조직적으로 이뤄졌다는 정황이 차례로 드러났다. 문부성 퇴직 간부가 연루된 어처구니 없는 불법 행위이다.

제삼자로 구성된 문부성조사반보고에 따르면 알선에 참여한 인사과 퇴직자는 시마누키 카즈오 참사관(67세)으로 2009년 퇴직 직후부터 이뤄졌다고 한다. 시마누키 참사관은 인사과에서 오래 근무했고 인맥도 넓었다.

2008년 말에 시행된 개정국가공무원법으로 인해 현직 국가공무원이 재취직 알선행위를 할 수 없게 되었다는 점이 원인으로 지목된다.

법 개정 이후 문부성 인사과 등에서는 현직 공무원이 아닌 퇴직자재취직 자리를 알아봐주기를 기대하게 되었고 시마누키 전 참사관도 ‘후배들을 위하는’ 마음으로 응했다고 한다.

인사과와 시마누키 전 참사관 사이에서 정보와 인사자료의 교환 및 조정이 상호간에 이뤄지며 조직적인 알선 체제가 구축되었다. 현직 공무원의 알선 행위를 금지한 법의 취지를 무색하게 한 것이다.

続きを読む

[翻訳]3月末、浪人生 

 

 

<翻訳文>

3月末、浪人生 

 3月末、寒さは消え、いたるところに花が咲き始める頃、遠くの南山を見上げながら塾の屋上で休憩を取っていた。春がくるというのに、春を思う存分楽しむことのできない私は大学浪人生だった。朝が来て、春が来ても心はいつも冬の夜のままだった。高校時代に勉強を頑張らなかったことへの後悔とともに、親への申し訳ない気持ちが、いつも私の心を重く押し付けていた。しかし、私の心は苦しんでいても、世の中はいつも通り回り続け、いつの間にか季節は変わっていた。

 そのとき私は、長く続く自分の内と外との不一致、つまり、私の内(心)は寒くて暗くても、世の中には春が訪れ花が咲き、日々暖かくなるという現実が自分を苦しめているということに気づいた。天気が晴れるほど、景色が美しくなるほど、私はもどかしくなる一方だった。夏になり、秋を過ごし、いつになったらこの生活を終えることができるのだろうか。春が訪れても春を感じることができなかった、いや、感じようともしなかったのは、周りの変化によって自分の心が揺さぶられ、簡単な目標さえも達成できないのではないかと心配したためである。数十年前の今頃のことだった。

続きを読む