読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ勉強中ー

日韓通訳・翻訳の勉強ブログ

使徒信条、主のお祈り、祝祷

使徒信条 我は天地の造り主、 全能の父なる神を信ず。 我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。 主は聖霊によりてやどり、おとめマリヤより生まれ、 ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、 死にて葬られ、陰府(よみ)にく…

170319 メッセージと表現まとめ(ヘブル4:14-16)

タイトル “おりにかなった助け”히브리서강해 (11) "때를 따라 돕는 은혜" メッセージ サミル教会(韓国 ソウル 大韓イエス長老教会(合同))担任牧師 ソン・テグン みことば 14 그러므로 우리에게 큰 대제사장이 계시니 승천하신 이 곧 하나님의 아들 예수시…

170226 メッセージと表現まとめ(ヘブル3:7-14)

メッセージ タイトル:終わりまでしっかり保ちなさい 끝까지 붙잡으라 サミル教会(韓国 ソウル 大韓イエス長老教会(合同))担任牧師 ソン・テグン みことば 7 그러므로 성령이 이르신 바와 같이 오늘 너희가 그의 음성을 듣거든 8 광야에서 시험하던 날에 …

[翻訳]경제산업성 등이 제3회 일본 벤처 대상을 개최

thebridge.jp <翻訳文> ■:気になる箇所 경제산업성 등이 제3회 일본 벤처 대상을 개최 사이버다인, Preferred Networks, Fanuc, 나노에그, 아마린 킨다이, 세컨드 드리머즈, 비즈리치가 우승Masaru IKEDA 2017.2.20 번역: 김은혜 일본의 벤처창조협의회, …

[翻訳]大統領府の天下り人事 目隠して尻隠さず

<原文> [사설] 청와대, 낙하산 인사는 없다고 하지 않았나 한국증권금융 상근 감사위원에 조인근 전 청와대 연설기록비서관이 선임됐다. 한국증권금융은 국내 유일의 증권금융 전담기관으로 감사 연봉은 3억원에 달한다고 한다. 상당한 전문성이 필요한 일…

聖書(日韓)

구약 旧約聖書 신약 新約聖書 창 창세기 創世記 마 마태복음 マタイの福音書 출 출애굽기 出エジプト記 막 마가복음 マルコの福音書 레 레위기 レビ記 눅 누가복음 ルカの福音書 민 민수기 民数記 요 요한복음 ヨハネの福音書 신 신명기 申命記 행 사도행전 …

0212 メッセージと表現まとめ(ヘブル2:5-9)

メッセージ タイトル:キリストの王権成就の三つの段階 그리스도의 왕권 성취를 위한 3단계 サミル教会(韓国 ソウル 大韓イエス長老教会(合同))ソン・テグン牧師 みことば (韓国語) 5 하나님이 우리가 말하는 바 장차 올 세상을 천사들에게 복종하게 하…

0219 メッセージと表現まとめ(ヘブル3:1-6)

メッセージ 예수를 깊이 생각하라 イエス・キリストを深く考えよう サミル教会(韓国 ソウル 大韓イエス長老教会(合同)) ソン・テグン牧師 みことば (韓国語) 1 그러므로 함께 하늘의 부르심을 받은 거룩한 형제들아 우리가 믿는 도리의 사도이시며 대제…

本文チェック へブル人への手紙 第3章

第3章3:1 そういうわけですから、天の召しにあずかっている聖なる兄弟たち。私たちの告白する信仰の使徒であり、大祭司であるイエスのことを考えなさい。 3:2 モーセが神の家全体のために忠実であったのと同様に、イエスはご自分を立てた方に対して忠実なの…

へブル人への手紙 2:12-18

2:12「わたしは御名を、わたしの兄弟たちに告げよう。教会の中で、わたしはあなたを賛美しよう。」2:13またさらに、「わたしは彼に信頼する。」またさらに、「見よ、わたしと、神がわたしに賜わった子たちは。」と言われます。 2:14そこで、子たちはみな血と…

語彙・表現 天下りあっせん(引き続き追加します)

日本語の記事から 文科省天下り好待遇の実態일본판 "관피아"의 실태 「天下り」あっせん問題は、とどまるところを知らない끝없는 "낙하산" 알선 문제 / 그칠줄 모르는 "낙하산 알선" 사태 “顧問”という肩書で天下ったときの破格の待遇고문직으로 재취업 했을…

[翻訳]일본 문부성 낙하산 인사, 어처구니 없는 불법 행위

<翻訳文> 일본 문부과학성 낙하산 인사, 어처구니 없는 불법 행위 일본 문부과학성에서 퇴직자 재취직 알선행위가 조직적으로 이뤄졌다는 정황이 차례로 드러났다. 문부성 퇴직 간부가 연루된 어처구니 없는 불법 행위이다. 제삼자로 구성된 문부성조사반…

[翻訳]3月末、浪人生 

<翻訳文> 3月末、浪人生 3月末、寒さは消え、いたるところに花が咲き始める頃、遠くの南山を見上げながら塾の屋上で休憩を取っていた。春がくるというのに、春を思う存分楽しむことのできない私は大学浪人生だった。朝が来て、春が来ても心はいつも冬の…